本間浩一 自分史カフェ運営

書籍_市販品

昭和20年8月1日水曜日(新潟県長岡市)

昭和20年8月1日の晩、125機の爆撃機による焼夷弾爆撃で長崎市街地の8割が焼け野原となりました。この夜、この街で様々な家族の生死が交錯しました。1,488人死亡、11,986戸が焼失。平成15年7月、長岡空襲の惨禍を記録・保存し、伝えていくため、長岡戦災資料館が開設。館は、数年おきに、十~二十数名の体験者の記録を「体験記録」としてまとめて発行。第7巻は18人の体験記録を収録。
書籍_私家版

情景の万華鏡 記憶の千本ノック(舞台は栃木県佐野市)

群馬県前橋市在住の医師・栗原秀行さんが、「子どもの頃(生まれてから中学まで)」の思い出を克明に書き記した自分史。佐野の町で躍動する子どもたちの日々と、それを取り巻く大人たちが描かれています。仲が良かったお父さんの人生も、お亡くなりになる前に聞き取ってのこしています。
書籍_市販品

お母さんの思い出を、インタビューで引き出す

『母を語る』(NHK番組「ラジオ深夜便」の書籍化) ご紹介します。 インタビューの仕方によって、お母さんの話をうまく引き出せているところが参考になりました。(自分史活用アドバイザー・可部田ゆかりさん) 2020/5/...
書籍_市販品

弁護士が還暦前の出会いで見直せた仕事の意味、家族のこと(千葉県)

タイトル『人生100年時代の考え方 家族信託を活用して我が家は「終活」進行中』 ご紹介します。 編集協力をされたofficeSAYAの小出広子さんの紹介コメント 2020/5/29 読み終えて 「後でもう一度チ...
書籍_市販品

銀行を退職して模型屋を始める!? 家族は・・(東京・巣鴨)

自分史『私の人生模型屋稼業さかつうギャラリー43年を振り返る』 完成直前インタビュー 2018/8/28 インタビュー/インタビューア:本間浩一(自分史カフェ) 読み終わって 感想文 準備中 あらすじ紹介...
書籍_私家版

インタビューのモンタージュで迫る創業者の生涯。つながっていく人と人。(山形県真室町及位)

友人・知人、そして家族のインタビュー10章から舟生誠(ふにゅうまこと)さんの生涯に迫ります。舟生さんと縁を持った人と人、出来事と出来事のつながりが浮かび上がっていきます。昭和29年出生。地元に戻って昭和58年に東北工材を創業。平成23年の東日本大震災の翌年、これからという58歳の時に難病ALSを発症。平成30年6月25日永眠。